MENU

ハイラックスサーフの買取価格について

ハイラックスサーフの買取価格について

 

トヨタハイラックスサーフは設計が日野自動車、開発生産は日野とトヨタが共同で、2009年の8月まで国内販売していた大型SUVになります。中古車市場で人気が高いハイラックスサーフですが、市場では3代目と4代目が中心となっていて、中古車比率は大体4代目が6割位です。

 

3代目は2002年までが販売時期で型式も古くて走行距離も長い傾向にありますから、100万円を切った価格で購入出来る可能性があります。4代目に関しては150万円から300万円辺りが中古車市場における中心であり、若い世代からお子さんのいるファミリー層まで人気が高い車ですよね。

 

海外では5代目が生産されていますが、日本では新車販売は無く、ハイラックスサーフはハイスペックなSUVとして根強い人気があります。2009年に販売中止になっている為にハイラックスサーフを入手したい場合は、中古車を購入しないといけない国内事情がありますから、中古車市場で人気が高く、売買共に需要がある車と言えるでしょう。

 

中古車買取相場において、ハイラックスサーフの価格はいくつかのポイントをベースにして決まります。簡単なところではやはり年式やグレード、走行距離、事故や修理履歴があります。それに人気カラーの場合、ブラック・ホワイトパール・シルバーの3色が人気で、そこに排気量も影響しますが・・・これらを複合して買取相場が決まります。

 

売却したい場合は早めに売った方が有効です。現在は新モデルが国内販売されないですから、新モデル発売と同時に旧モデルの価格が暴落するという現象は起こらないですが、一般的に中古車は日々下落していくものです。

 

乗らなくなったハイラックスサーフを所持しているならば、高値で売却出来る可能性がある現在の中古市場を踏まえて売った方がお得と言えます。

 

走行距離の目安としては売買時に10万キロを超えていると高額取引は難しくなる基準です。3万キロから5万キロ辺りは買取価格低下の目安となっていますし、もちろん走行距離が短く無傷のサーフは価値が高いです。

 

人気車であり中古車市場でも活発に取引されていますし、人気カラーで質の良いものは中古車市場を巡っても中々お目にかかれないハイラックスサーフは、売買時に複数業者の相場確認を行うことが望ましいです。

 

取り扱っている店舗によって買取価格は微妙に違ってくるもので、地域や季節要因等によっても相場変動がありますから、複数社を確認することで納得出来る価格での取引が可能になるでしょう。

 

需要が高いハイラックスサーフは、売買取引しやすい人気車と言えますし、中古車売買において複数社を利用するのは定石で、比較検討によって競争原理が産まれ、より安く買えたり高額売却を可能にしてくれるものです。

 

ハイラックスサーフの買取価格を最高額まで高くする5つのコツ

ハイラックスサーフの買取価格を最高額まで高くするコツの中でも重要な5つのことについて解説しています。参考にしていただき買取業者の言い値で売却することのないように気を付けてください。

 

複数の業者で査定見積もりを取ること

複数の業者で査定見積もりを取ること

 

ハイラックスサーフの買取において複数業者からの査定見積を取るのは基本中の基本。売却時には少しでも高く売りたいですし、損をしたくないのは当たり前の事です。

 

中古車買取を行うタイミングとしては、新車購入時に購入店で下取りしてもらい、その差額で新車をお得に手に入れるという方は多いですが、中古車売却では下取りよりも買取りの方が高く売れる可能性が高いと言えます。

 

下取りはディーラーの言い値での取引されることになり、買取りの場合は競争原理が働きやすく、1円でも高く売れる可能性があるのは買取りですから、車買取一括査定を行うのがいちばんです。

 

最近ではネットを使えば複数業者から一度に査定額を提示してもらえますし、それを比較するだけでも高く売れる可能性があります。

 

店舗に車を持っていって買取査定してもらうと、正確な値段が出るメリットがありますが、店舗に足を運ぶ手間暇がかかりますし、複数社に査定してもらう為に出向く労力負担はかなり大きいです。

 

しかし、一括査定サイトを利用すれば、店舗に足を運ばせずに簡易査定を行ってもらえて、大体の相場を確認出来ますから、まずは複数社からの査定額をチェックすることが望ましいと言えます。

 

ネットでの査定額はあくまで仮審査です。本番の値段は現物査定が必要なのでネット査定で高額を出してくれた業者から何社かに依頼して本番査定してもらうと、さらに競争原理が働かせます。

 

そして査定時に交渉を行えば少し金額をプラスしてもらえる可能性があります。その時に複数社の査定額というのは交渉材料になるモノです。本番査定の時には、車の傷が少ないなら洗車しておき、細かい傷があるなら洗車せずに傷が目立たないようにしておくのも有効と言えます。

 

 

すぐに売りたい気持ちをおさえ売らない姿勢が大事!

すぐに売りたい気持ちをおさえ売らない姿勢が大事

 

複数社から一括査定を受けて、査定額を比較検討することで中古車買取の価格が高い業者を選べる可能性が上がりますが、少しでも高く売りたい時にはすぐに売らないスタンスも大切です。

 

下取りよりも高額で売れる業者を見つけると、つい嬉しくなって即売却の流れに持っていきたいものですし、買取業者としても早く売りたい客には早く商談をまとめてしまいたい思惑があります。

 

業者側も今すぐにまとめてくれたらプラス「5万円」「10万円」出しますと言ってくる所もあるでしょうし、そうなれば高値で売れそうで喜んでいる売却者は、そこで即決したくなるものです。

 

しかし、そこは冷静に待つ姿勢が必要です。他の業者からの査定額も待ってから決めますと、取引相手をじらすのも有効な手段になるので覚えておいてください。

 

だからこそ、尚更複数社からの査定を取る姿勢が大切です。少なくとも3社以上、できれば5社程度から見積もりを取っておいて、余裕の対応が出来るように準備しておくことが必要です。

 

即決した事によって本来得られるはずのお金を得られなくなったという例は多々ありますし、売却時はあわてずに余裕を持って査定額を見極めていきましょう。余裕を持つことで業者との交渉もしやすくなりますし、余裕が無ければ相手の思惑に引っ張られてしまいます。

 

業者としては客からより安く買って、短時間で商談をまとめたいものですから、売る側もより高く売れるように構える準備が重要です。

 

 

買取相場をとりあえず知りたい場合の秘策

買取相場をとりあえず知りたい場合の秘策

 

中古車市場の査定相場を知りたい時には、入力してすぐに概算価格がわかる買取サービス「かんたん車査定ガイド」を利用したり、中古車市場の値段はディーラー間のオークション売買を総合して相場を形成しますから、オークション価格に着目するのも有効です。

 

相場は株式や通貨のように常に変動するもので、大きな値動きが起こることもあります。中古車相場で大きな価格変動がうまれる時は、売買時には注目しておきたい要素の1つです。

 

例えば車査定ガイド等を使えば、個人情報入力が必要になって折り返し業者から電話が来ることもありますが、こういう電話対応が面倒ならばとりあえず相場を知りたくて利用しただけと切り返せば良いでしょう。

 

相場を知らないと買取取引で交渉することも出来ず、自身の中で相場の線引きが無ければ提示された値段が高いか安いかすら判断出来ないです。そういう意味でも査定相場をおおまかにでも知っておいて、自身の中に基準を持っておく事は大切な事ですし、納得出来る買取取引を進める上でも相場を押さえておくのは重要と言えます。

 

愛車の相場をわからずに業者と交渉しても、互いの相場感がかけ離れ過ぎて前向きな話合いが出来にくくなる可能性が高いです。

 

 

本気で最高額で売りたいなら、査定する時期を考える!

本気で最高額で売りたいなら、査定する時期を考える

 

中古車買取で本気で高値を狙うならば、まずは複数社からの一括査定を受けて、最も高値で売却出来る業者を探しておくことが重要ですが、時期も極めて重要であり、中古車市場で需要が高まる時期というのは存在します。

 

需要があれば値段も上がりますし、わずかな時期のズレで大きく値段が変わることもあります。これは様々な業界でも言えるコトですが、大型連休時にホテルの宿泊費が高騰したり、引越しも新しい生活が始まる時期は手数料は高くするものです。

 

人間の需要によって価格が決まるのは中古車市場でも同様で、例えば決算期の3月やボーナス時期の9月は最も車が売れやすい時期の一つです。ゴールデンウィークや夏休みといった大型連休の関連でも中古車相場が変わりますし、時期によって同じ車でも10万円以上の差が生まれることもあります。

 

業者側としても在庫不足になったり、中古車を大量に仕入れたい時期になりますから、売却時期として狙い目と言えるでしょう。いますぐに売って換金したいというので無ければ、需要が高まる時期に狙いを決めて、買取査定を行うのは賢い判断です。

 

中古車価格は季節要因や地域によっても価格が変わります。あたたかいエリアと寒いエリアでは扱う人気車種に違いが出て来るものですし、様々な要因が重なって価格が決まっていきます。愛車が最も好まれるエリアや時期を見極めて、さらに複数社からの査定を取る事が高額査定に繋がるポイントです。

 

買取業者の言葉をうのみにしない!

買取業者の言葉をうのみにしない

 

車買取業者はホームページの宣伝上はどこよりも高く買取ます、とアピールしているものですが、実際は商談に入っていくといかに愛車の価値が低いかをアピールして、安く買おうとしてくるので注意が必要です。

 

「どこの業者で売ってもこの位の値段になります」「うちで無ければ0円です」というように相場全体を把握しているかのうように取引を進めたがる業者もあります。もちろん言い回しはもっと丁寧だったり、親身になっているような演技もしますが、本質はより安く買い取りたいという気持ちです。

 

買取業者側の言葉を信じないためには、こちらも他の業者の査定額を知っておく必要があります。業者から他の業者ならこの程度の値段ですよと言われたら、他の業者で査定依頼したら「この値段が出ましたよ」と切り返せるようにしておきましょう。

 

もちろん喧嘩腰になるために買取業者側の言葉を信じないというわけでなく、最終的にはどこかの業者にお世話になって買取する必要がありますので、こちらも複数社からの査定額を把握した上で、最も高値で評価してくれる業者を探していくのがベストです。関係を悪くしてしまっては高くなるものもならなくなりますので冷静な対応をお願いします。

 

自身に買取相場の基準が無い場合は相手の言葉を信じるしか無いですし、素人だからプロの言葉を信じないとという心理が働きがちですが、多くの査定相場のサンプルを持っておくのは買取する上でもっとも有効な方法になります。

 

その材料を持った上で業者との交渉を重ねていくと、納得出来る値段で愛車を手放すことが出来ますし、少しでも評価された状態に持って行けるんです。ですから買取業者の言葉を信じないというよりは、信じてはいけない要素を判断して取引を進めていけるように、複数社査定で市場相場を知っておくこと、買取業者の言葉をうのみにしないという強い気持ちが必要です。

ハイラックスサーフの中古車買取相場

 

車種 買取価格目安 年式 距離
ハイラックスサーフ2.7 SSR-X リミテッド 145万円 2009(平成21年) 8.6万キロ
ハイラックスサーフ2.7 SSR-X リミテッド(ブラック) 112万円 2008(平成20年) 7.8万キロ
ハイラックスサーフ2.7 SSR-X リミテッド(サンルーフ/HDD/ブラック) 86万円 2007(平成19年) 13万キロ
ハイラックスサーフ2.7 SSR-X リミテッド(60thスペシャルエディション/パールツートン) 154万円 2006(平成18年) 4.5万キロ
トヨタ ハイラックスサーフ2.7 SSR-G(ブラック) 140万円 2005(平成17年) 7万キロ
ハイラックスサーフ2.7 SSR-X(メモリーナビ/ダークブルー) 68万円 2004(平成16年) 15万キロ
ハイラックスサーフ2.7 SSR-X(ナビTVエンジンスタータ/ダークブルー) 63万円 2003(平成15年) 11万キロ
ハイラックスサーフ3.0 SSR-X(ディーゼルターボ/4WD/ナビ/パール) 146万円 2002(平成14年) 13万キロ

一括査定と電話連絡の関係|業者はあなたの車を買取りたい

業者はあなたの車を買取りたい

 

車買取においてネット一括査定は有効な手段でありますが、一括査定が苦手という方が多いのも事実です。ネット一括査定を行うには個人情報入力が必要になりますから、登録したメールや電話に連絡が来る可能性が高く、取引相手になる業者側としても査定額を申込者に伝える為にはコンタクトを取る必要があるので当然ではあります。

 

中古車買取一括査定サイトを通して店舗にコンタクトを取ってくるというのは、店舗側も複数の店同士を競わせられている事を理解していますから、客を逃さないように積極的に連絡をしてくるものです。
一括査定サイトに参加している提携業者は、車査定申込者に自動電話応対システムを使用していますから、申し込みを行った後に電話が来る仕組みになっていますし、業者側のしつこい勧誘がありえるのも事実であり、こうした評判から一括査定を敬遠している傾向があります。

 

ただし、業者から電話連絡が来るという事は、業者側も高く買い取りたい意志があるからこそ連絡をしてきます。申込者の車に対して評価していなければ、業者側も積極的に勧誘してくる事は無いんです。

 

つまり、電話がかかってくるという事は、買取と判断しているからであって、電話が苦手だからと一括査定を避けるのは勿体ないです。一括査定によって相場基準を知る事が出来ますし、愛車がどのように中古車市場で評価されるのかを客観的に見れるものです。

 

もちろん申込者側としても複数業者の中で最も評価してくれる業者はどこか、比較検討する事が出来てメリットが大きいですし、積極的に一括査定は利用したいシステムと言えます。すぐに売却する意志が無くても、こういったシステムを活用したい方も多く、電話がかかってきたとしても、今すぐに売りたいわけでなく、相場を知りたかっただけとハッキリと伝えればしつこく勧誘は来ないです。

 

まずは一括査定で市場における愛車の価値を知るのは、中古車買取を進めていく上で大切な事であり、納得出来る取引を進めたい場合に有効活用すれば便利でしょう。一括査定で電話がかかってくるシステムの理由を知っていても避けたいという場合には、電話営業が無い仕組みで高額売却出来るスタイルもあり、そういうスタイルを利用するのも良いです。

 

いずれにしても、複数業者からの査定額をチェックして、気に入った業者を見極めて取引を進めていくスタイルは、合理的に高額買取を進めていく上で有効な方法だと言えるでしょう。

 

最小限の個人情報取り扱いで愛車を高く売るならユーカーパック

最小限の個人情報取り扱いで愛車を高く売るならユーカーパック

 

車買取を行う際にインターネットで一括査定を行い、複数社からの査定額を比較するのは主流の買取方法でしたが、ユーカーパックという従来の一括査定の仕組みとは違う査定代行サービスのサイトが、2016年の4月から立ち上がっています。

 

今までとは違った査定システムになっていて、流れとしてはユーカーパックからの査定を受けて金額が算出されますが、この査定額で買取が決定するわけではなく、そこからオークション代行を行ってもらい、落札希望業者が競い合ってくれるものです。

 

複数業者に個人情報が漏れる事はなく、ユーカーパックとだけ取引を進めていく形なので、色々な業者からしつこい勧誘電話が来る事もなく、じっくりと取引を進めていけるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

ユーカーパックがオークション代行業者として動いてくれますから、買取業者とやりとりを行う必要がなく、面倒なやりとりをせずに高額で車売却したい時には、代行サービスを利用するのは一つの選択肢になります。

 

メリットをまとめるならば、個人情報が複数業者にまわらず、手数料無料で買取業者とやりとりの必要がなく、オークションで業者が競い合ってくれるシステムです。

 

窓口はユーカーパック一社だけで、車の査定に関しては提携ガソリンスタンドで行う事が可能です。ユーカーパックが窓口として全国の車買取業者相手にオークションを行う形になります。

 

複数業者とのやり取りや交渉が苦手な方は、ユーカーパックのシステムは利便性が高くて有利に働くでしょう。

 

もちろんメリットだけではなくデメリットもあり、買取査定額の高さは車一括査定の方が高くなる傾向はあります。オークション代行の方が高くなることもありますが、一括査定の場合は数日の間で買取店営業マンが競合を勝ち取る必要があり、高い査定額を提示せざるを得ない場合が多いからです。

 

ユーカーパックは売却成立までの時間も長い傾向にあります。車一括査定ならば複数社からの連絡があって、数社絞り込めば自宅まで査定に来てくれて査定が進みますし、その場で商談成立もあります。

 

それに対して電話連絡を受けてから自身がユーカーパック提携ガソリンスタンドに行って査定を行ってもらい、そこから入札が開始されるシステムですから、電話連絡等の交渉の手間暇は省けても、自身でガソリンスタンドまで車を持っていく等の手間はかかるものです。

 

ユーカーパックは電話が苦手だったり、複数社に情報が出回るのが嫌だったり、交渉に負担を感じる方に良いと思いますが、一方の一括査定はとにかく高額売却を求めて交渉も苦痛では無い人に向いていると言えますし、そちらで比較、交渉することでより高値を狙うことができます!どちらも利用は無料ですので便利なサービスですね。

 

ユーカーパックで愛車ハイラックスサーフの買取価格を調べてみる(無料)

このページの先頭へ